うりの日記

パソコン、ゲーム全般 DS PSP Wiiの改造 裏技情報

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

XBOXでMedia Player

いまさらながらXBOXを改造してみました

今まではBUFFALOのNetwork Media Player PC-MP-2000/DVDでネットワーク上のファイルを再生していましたが ISOが再生できないので変換してみていましたが手間が掛かるので
ISOが再生できる機種を探していました
TvixのC-2000Uは以前から持っていました 車載で使っています
これはISOが再生できるので便利です
今回は自宅用でほしかったのでM-6500Aを買おうかと思っていたのですが値段が結構高くて考えてしまっていました
そんな時目に付いた記事にXBOXを改造してXBMCと言うプログラムを導入すればM-6500Aと同等なことが出来そうなことが書いてありました
しかも色々なエミュも動くみたいですし やって見ようかと......


■用意するもの
・Xbox本体(XboxLiveを導入していないもの)
・トルクスドライバー(T20、T15、T10)
HDD_Driver
(MSVCIRTD.DLL、MSVCRTD.DLL、MFCO42D.DLL、MFC42D.DLL が必要)
EvolutionX(Bert_is_Cheating_on_Ernie_-_The_Pheonix_Project)
Evolutionx M8 Bios Plus
FFFTP(FTPソフト)

■EvolutionX 導入手順
1・Xboxのガワをトルクスドライバー(T20)を使って取り外す
  四隅のゴム足の端と、背面シール裏×2の計6ヶ所。
 上蓋がとれます(上蓋を上に持ち上げます)
  私のXBOXのHDDはWDでした

2・Xboxを分解した状態で起動し、メニュー画面が出たらしばらく放置。
  HDDの回転が止まったら、IDEケーブルを素早くPCにつなぎ替える。

3・OS起動後、HDD_Driverを起動し「Good News!」と出たら認識成功。
  ※mfc42d.dllのファイルバージョン
  CapD20090309_1.jpeg CapD20090309.jpeg
  6.0.8665.0の方で動きました
  「Invalid Filename Size!」のエラーが表示されてもメニューは選択できるので、
  Tools → Back up HDD を選択しHDDの中身をバックアップする。

4・HDD内の“System”フォルダにある以下のファイルをリネームする。
   Xbox.xtf → Xbox.xft
   Xbox Book.xtf → Xbox Book.xft

5・ダウンロードした『Bert_is_Cheating_on_Ernie_-_The_Pheonix_Project』にある以下の
  ファイルをリネームする。
   bert.xtf → Xbox Book.xtf
   Snuffleupagus.xtf → Xbox.xtf

6・行程5で生成されたファイルのskinフォルダと*.nfo以外をHDDに入れる。

7・HDDをXboxに繋げ直し、Xboxを再起動。
  成功するとEvolutionXが起動する。

続きはあとで

ブログランキングに参加しました
クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓


| XBOX | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://teturi.blog112.fc2.com/tb.php/54-eb5073bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。